上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ブダペスト1日目の午前中は、王宮観光!一番の見所を最初に観光!
ホテルから歩く事20分(迷いながら)、鎖橋へ到着。
観光名所は全て徒歩で回れますが。。。結構歩きます。

くさりばし
王宮への入り口。ケーブルカーへと向かいます。
前方に見えるのが、王宮エリア。

ケーブルカー
ケーブルカー。

王宮1
ケーブルカーで約5分、ブダペストの町が見渡せます!
ここで、ホテルの位置や町の地理を把握。

王宮2
王宮は広い!まずは、大砲?銃?の傷跡が残る建物に驚き!5分ほど歩きます。
最初の目的、マーチャーシュ教会に到着!入ろうとしたら、チケット購入するように言われ。。。
目の前のブースにてチケットを購入し、内部へ。

チケットブース
チケットブース。見たい施設のみチケットを購入出来るシステム。マーチャーシュ教会と漁夫の砦を購入して、いざ!

☆世界の宗教施設では、肌の露出(女性のキャミは特に!)、靴での入場などを禁止している場所が沢山。場所にもよりますが、ココは特に厳しかった!特に夏場、宗教施設で入場を断られている観光客をよく見かけます。みなさん、是非、羽織物を持参しましょう。ちなみに、何処へ行くにも、私は必ずカーディガンを持参しています。

マーチャーシュ教会
マーチャーシュ教会の内部。美しい!
外観は工事中。ちょっと残念。

マーチャーシュ2
ディテールも。

ステンドグラス
ステンドグラスも。美しい。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2010.08.04 Wed l 中欧旅行記~ブダペスト'10 l コメント (1) トラックバック (1) l top
ハンガリー・ブダペストの町で見つけた面白い物。

おもしろいもの1
道に突き出たもの。これ、なんだと思います?
脇にある信号が青になると、これが下に下がり、車が道へ入る事が出来ます。
狭い道、車がどんどん入ってくるのを制限しています。
これなら、猛スピードで車が入ってこないし、狭い道でも安心して歩く事が出来ます。

おもしろいもの2
地下にあるトイレ。景観を保つため?

おもしろいもの3
東京ではあまり見かけないゴミ箱。キュートです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
人気ブログランキングへ
2010.08.04 Wed l 中欧旅行記~ブダペスト'10 l コメント (0) トラックバック (1) l top
フィンランド航空で約9時間、ヘルシンキに到着。
ここから、ハンガリーのブダペストまで2時間半程度。

フィンランド航空は初めて。サービス、乗り心地等、特にコメントなし。普通。
でも、直行便がない都市に行くには、とても便利な路線です。

ヘルシンキ
ムーミンの国。スナフキンが悲しそう。。。ムーミングッズが売っていました。
フィンランド、空港の物価も高いです。。

オレンジジュース、400円ぐらいだった。。
サーモンサンドはおいしかったです。

全体の詳しいスケジュールはこちら。
2010.07.27 Tue l 中欧旅行記~ブダペスト'10 l コメント (0) トラックバック (1) l top
「どうしてもウイーンに行きたい!」というピアノ講師の母の願いから始まったこの旅行。
ドナウ川下り、伝統があるクラシカルなホテル、ドナウ川下り、コンサート、歩くの嫌、観光は午前中だけ。などなど、母のわがままを全て考慮。

そして、建築家の主人の建築ツアープランも盛り込んで、
オーダーメードの旅行をプランしました。

2010年夏、家族4人(両親と主人)の中欧旅行スタート!

1日目:成田~フィンランド・ヘルシンキ経由でブダペストへ。
     フィンランド航空利用。
     夜:ハンガリー・ブダペスト到着!
ホテル:Gerloczy

2日目:朝~王宮観光!
     昼~フォーシーズンズでランチ
     夜~コンサート:St.Stephen's Bacillica

3日目:午前~王宮の博物館へ
     午後~ゲッレールト温泉でリラックス
     夜~ドナウ川クルーズ

4日目:ドナウ川を下り、ウイーンへ。
    朝9時に出発し、午後3時過ぎ到着。
    ホテル:Koening Von Ungarn
    夕方:ウイーンの町を探索

5日目:朝~シェーンブルン宮殿
    午後~フンデルト・ワッサー建築ツアー
    夜:モーツアルトコンサート@konzerthaus

6日目:朝~分離派会館の美術館と蚤の市
    (マヨリカハウスなど)
    午後:昼寝

7日目:チェコのチェスキー・クルムロフへ向けて、タクシーで移動
    ホテル:CAstle View Apartment
午後:小さな町を探索
    夜:野外オペラコンサートに入れずも、外で楽しむ

8日目:プラハへ向けて、タクシーで移動
    途中:ホラショヴィッツェ(世界遺産の村)とフルボカー城へ。
    午後プラハ到着。ホテル周辺を探索。
    ホテル:The Golden Well

9日目:午前~王宮を探索
    午後~ダンシング・ビルなど、建築ツアー。
    夜~王宮の教会にてコンサート

10日目:帰国

11日目:成田着。

家族も大絶賛の旅行でした!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
人気ブログランキングへ
2010.07.27 Tue l 必見!旅行スケジュール集 l コメント (0) トラックバック (1) l top
食事
サファリの朝ご飯。キャンプ生活ですが、お食事は高級レストラン並み。ケニヤのコーヒは、自然の味がふんだんに味わえる、本物。ハム、おいしかった。でも。。。

食事2
一歩キャンプの外に出れば。動物たちもお食事の時間。動物が「私たちのハム」になる瞬間を見てしまい。。。

食事3
残酷。なのか?生きる為なのか?動物にとっては生きる為、でも私にはハムは必要なし。豊富な野菜や穀物があるから。

肉食について、ほんとうに考えさせられました。ケニヤに行く前、1年ほど、お肉や卵、乳製品は全く食べない菜食主義のヴィーガンを積極的に行っていた私でしたが、帰国後は、ほぼお肉を食べなくなりました。

作物が収穫出来ず、生きる為にほんとうに必要ならば、動物のお肉を食べるのがダーヴィンの言う所のサバイバル論。でも、日本は食べ物に溢れています。私の自宅のお庭でも、夏ならば沢山の野菜が収穫出来ます。野菜だけでも十分に生きて行けるのに、なぜ、生き物を殺して食べるのか?

この光景を見てから、かなり考えさせられ、いまだ完全ではありませんが、菜食主義を貫いています。
週に1日ほど、少しのお肉を食べるだけ、ほぼヴィーガンの生活を行っていますが、体調はものすごく好調!!!30代後半にして、お肌も絶好調!哲学云々関係なく、健康上ヴィーガンおすすめですよ!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
人気ブログランキングへ
2010.07.26 Mon l ケニヤ旅行記'09 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。