上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「ニューヨークへ行きたいかあ!!!」
なんて時代がありましたね。円高ってかドル安過ぎ!な今、アメリカ圏の旅行もお手軽。
今は、アフリカでも、南米でも、チベットでも、アジアでも。
どこでも行けちゃう時代。
だからこそ、旅行の安全対策は万全にしたいもの。

特に、シェルハの様に、ツアーじゃなくて、個人手配で旅行に行く方。

チベットのラサ事件は突発的だったとはいえ、
巻き込まれたら大変。
チベットの様な事件は事故で防ぎようにないけど、
未然に防げる事はあるので、
旅行の前には外務省 海外安全旅行のページ
で、必ず安全確認しましょう!

って、今年の夏の旅行。
ケニア、マレーシアのサバ州、フィリピン・エルニド、
政治的な理由で渡航延期が望ましいって考えて、
全部却下になったのです。

でも、ちょっとムカつくのが、外務省から渡航延期が望ましいのレッド・アラート出てるくせに、何気ない顔で、平気でツアー商品を売っちゃってる旅行会社。
旅行会社の方から事前に通達しているケースも見られますが、
全くお知らせもないまま、ツアー商品を売っている会社も!
外務省も、行っては行けない、って行っている訳ではないからあくまでも自己責任。
事件に巻き込まれてから、「知らなかった!」じゃすまされないからね。

みんなが行っている観光地だからって気を抜かないでね。
観光地はテロの標的になるケースが多いので、気をつけよう!
シェルハの友人は、バリ島のクラブでのテロに危うく巻き込まれるところだった!
って、本気で焦ってました。

気をつけていれば危険は回避できると思うけど、
事故体験から考察すると、危ない事はできるだけ避けたい。
危ない地域も、何があるかわからないから、避けたい。
ってのがシェルハの考え。

シェルハがアメリカに住んでいたときも、
大学時代の友人が自宅で隣人に銃で撃たれたり、
(全治6か月の重傷でした)
自宅アパート付近で銃による殺人事件なんて数回あったし。
(ちなみに全部違う州での出来事。)
自分の住むアパートの横の駐車場で銃撃戦があったときは驚いた!
通っていた大学構内での学生のレイプ・殺人もありました。

極めつけは、9.11のテロ。
シェルハはニューヨークにいなかったものの、アメリカ全土は大変な騒ぎ。
大学も仕事ももちろんお休みで、スーパーやモールも閉まってたし。
観光地近くに住んでいたので、ほんと、観光客の方は気の毒だっただろうな~
って思います。
シェルハの知人もテロに巻き込まれたりして。

で、日本国内ではあまり報道されてないけど、
邦人の拉致事件、とか、違法売春の取り締まりで刑務所はいっている若い日本人の女の子とか。
安全そうなアメリカでも、結構そんな事があるんです。

日本では平和ぼけして、スリにあったりしているシェルハですが、
平和ぼけしているからこそ、日本の平和は世界共通語じゃないってこと。
旅行に行くときには調べてくださいね!

外務省 海外安全旅行のページは必ずチェックです。



スポンサーサイト
2008.03.18 Tue l 海外旅行って最高! l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://xelhatravel.blog123.fc2.com/tb.php/197-feeb6b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。