上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
サファリに行こうと思ったのはニューヨークで初めて「ライオンキング」を見た、1995年(だったと思います)本格的にリサーチを始めてから2年、念願のサファリへ!そこで問題だったのが、宿。せっかくのサファリなので、大自然を満喫出来るテントキャンプを探す事1年半。ネットを駆使し、色々と調べて、「ここだ!」と思ったのが、このキチェチェ・マラキャンプ。キャンプでこの値段?と思いましたが、ネットでの素早い対応とそのコンセプト(徹底的な自然との調和)にひかれ、決めました!!!!

予想は的中。今まで宿泊したどの高級ホテルよりも気配りのあるサービスと心遣いを感じました。今まで、数々の高級ホテルというものに滞在してきましたが、ここまで宿泊客のかゆい所に手が届くサービスを行ってくれた場所はありません!(例外:湯布院の亀の井別荘は、キチェチェと同じくらい素晴らしかったです!)特に、値段だけが高くて、サービスが最悪な、都内の外資系ホテルさん、見習ってほしいです。

本気で素晴らしい場所なので、100%おすすめ。キャンプに到着すると、ウェルカムドリンクと簡単なブリーフィング。これから数日間を共に過ごす他の滞在客の皆様との初対面。イギリス人のオーナーがキャンプでの決まりをざっと話して、簡単な自己紹介タイム。キャンプにはレストランが無い為、滞在客全員が夕食のテーブルを囲みます。その為の仲良くなる自己紹介。おかげで、キャンプ滞在中は各国から集まった方々とお友達になる事が出来ました!本当にフレンドリーな環境。

テント1

これが私たちが宿泊したテント。テントにはそれぞれ動物の名前がついています。ここは、Kongoni、シカみたいな動物です。ちなみに、このキャンプは柵が無いキャンプ。意味は、自然の動物たちがキャンプ地に入って来れます。キャンプの1メートル先に野生のシマウマが遊んでいたり、キリンが遊びにくる事も!人間を警戒しない猿等は、テントに入ってくるそうです。後で聞いた話。食べ物をテントの中に放置して、テントのドア(というか入り口)を開けていた私たち。猿が入ってくるのをスタッフが目撃したそうです。夜には、ゾウさんものっそりやってきます。

テント2
テント内部のベッド。写真でわかると思いますが、キャンプなのに、24時間通電しています。マサイマラでは、ロッジでも通電時間の限りがあるそうですが、ここでは24時間電気が楽しめます。電気って、本当に凄いですよ。マサイマラに行って、初めて電気の素晴らしさ、いつでもどこでも電気が使えるありがたみがわかりました。

テント3
バスルーム。テントなのに!トイレは水洗!シャワーはバケツです。サファリのゲームから帰ってくると、マサイ族のスタッフがバケツにお湯を入れてくれます。もちろん、バケツのお湯が無くなったら終わり。通常ですと2人で十分な量のお湯ですが、調子に乗った私の旦那様は初日にお湯を使い過ぎ、無線で凍えながらお湯を頼む始末。南半球に属するケニヤも日本の8月は冬、寒いのです!しかも、無線がうまく使えず、寒い中、はだかでがくがくブルブルしながら、バケツにお湯を組んでもらいました。我が家のちょっとした失敗エピソードです。

テント4
テントの内部はこんな感じ。テントと言ってもバカに出来ません。建築家の旦那様はテントのインテリアに感動していました!私はデザインとかあまり詳しくはありませんが、一つだけものすごく感動したポイントがあります。それが、「全てが自然の物で出来ている事!」日本在住の皆様、ちょっと周りを見渡して下さい。プラスチックで出来ている物ばかりではないですか?このキャンプでは、プラスチック製の物は、テントのターフのみ。何処を見ても自然素材のものばかり。これには感動しました。プラスチックの無い世界、天国です。ここから、サファリ天国のはじまりはじまり。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2010.01.20 Wed l ケニヤ旅行記'09 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://xelhatravel.blog123.fc2.com/tb.php/297-1a1eb883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。