上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
食事
サファリの朝ご飯。キャンプ生活ですが、お食事は高級レストラン並み。ケニヤのコーヒは、自然の味がふんだんに味わえる、本物。ハム、おいしかった。でも。。。

食事2
一歩キャンプの外に出れば。動物たちもお食事の時間。動物が「私たちのハム」になる瞬間を見てしまい。。。

食事3
残酷。なのか?生きる為なのか?動物にとっては生きる為、でも私にはハムは必要なし。豊富な野菜や穀物があるから。

肉食について、ほんとうに考えさせられました。ケニヤに行く前、1年ほど、お肉や卵、乳製品は全く食べない菜食主義のヴィーガンを積極的に行っていた私でしたが、帰国後は、ほぼお肉を食べなくなりました。

作物が収穫出来ず、生きる為にほんとうに必要ならば、動物のお肉を食べるのがダーヴィンの言う所のサバイバル論。でも、日本は食べ物に溢れています。私の自宅のお庭でも、夏ならば沢山の野菜が収穫出来ます。野菜だけでも十分に生きて行けるのに、なぜ、生き物を殺して食べるのか?

この光景を見てから、かなり考えさせられ、いまだ完全ではありませんが、菜食主義を貫いています。
週に1日ほど、少しのお肉を食べるだけ、ほぼヴィーガンの生活を行っていますが、体調はものすごく好調!!!30代後半にして、お肌も絶好調!哲学云々関係なく、健康上ヴィーガンおすすめですよ!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2010.07.26 Mon l ケニヤ旅行記'09 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://xelhatravel.blog123.fc2.com/tb.php/307-b0d84ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。